インスタントコーヒーを使ってパンを焼いてみた

イオンショップ

タイトルだけでは「何のこっちゃ?」という感じですが、以前SmartNewsで読んだ「新事実!インスタントコーヒーは溶かさない方がウマかった」と記事に、インスタントコーヒーを使った美味しそうなパンが載っていたので、自分でも作ってみようと思い挑戦してみました。

nlab.itmedia.co.jp

ほかにも、インスタントコーヒーの意外な調理法として注目を浴びているのが、「食パンの上にまんべんなくふりかける」レシピ。とくにネットで「ウマい!」と評価が高いのが、「トースターの上にバナナの輪切りを載せ、トースターで焼くだけ」という簡単調理法だ。
ねとめし:新事実! インスタントコーヒーは溶かさない方がウマかった - ねとらぼ

完成品の画像は載っているし、そのおかげでイメージは何となくできていたので、そのイメージに近付けるよう作ってみました。といっても、バナナを輪切りにしてパンの上に乗せて、その上からインスタントコーヒー(ネスカフェゴールドブレンド)をふりかけるだけなので、小学生にもできるような簡単な作業なんですけどね。

f:id:masayan1979:20150505203344j:plain

これが、バナナを輪切りにしてコーヒーをふりかけたところ。バナナは一本ぶん丸ごと使いました。コーヒーの量は、どれくらいふりかけて良いかよく分からなかったので、だいたい小さじ3/4くらいふりかけてみました。

あらかじめ温めておいたトースターで約2分ほど焼き上げ、仕上げにはちみつをかけたものがこちら。

f:id:masayan1979:20150505203337j:plain

溶けたコーヒーが染みのようになっていて、ちょっとグロい感じがします。申し訳ありません。完成品としては、だいたいイメージどおりかなと思います。問題は味です。

味については……うーん、何とも微妙。コーヒーの苦さと香りが先に来てしまって、全体的に濃い感じになってますね。たぶん、コーヒーの量が多かったのかも。もう少し量を抑えてふりかければ、苦味が軽いアクセントになって甘さと苦味のバランスが取れるかな、とも思います。

バナナとはちみつの相性は最高なので、コーヒーとは違って、はちみつはもう少したっぷりとかけたほうが良かったと感じました。バナナとはちみつだけで食べたほうが美味しいんじゃないか、という気がしないでもないですが、そんなことを言ったら今回の挑戦は台無しになってしまいますので、その考えは破棄します(笑)。

次に作るときは、

  1. コーヒーの量を控えめに
  2. はちみつはたっぷりと

を心掛けてみたいと思います。今回作ってみたものと比較して、どんな変化が起こるか楽しみです。

ちなみに、バナナとコーヒーについてほんの少しだけ検索してみたところ、食べ合わせは結構良いみたいですよ。

www.lifehacker.jp

jisin.jp

最後に、こうしたコーヒーの健康効果をさらにアップする食べ合わせをご紹介。

バナナにはビタミンB、E、必須アミノ酸食物繊維が。コーヒーと合わせて摂ることで、便秘を解消、美肌を作り代謝アップ。
“浅煎りコーヒー1杯”で、メタボ撃退&脳卒中リスク減(健康) - 女性自身[光文社女性週刊誌]

参考にしてみてくださいね。

広告を非表示にする