決意決断

イオンショップ

ここ数日、仕事のことについて書いてきましたが、結局この3月いっぱいで仕事を辞めることにしました。3月末日までが更新月だったので、次回の派遣契約を更新しない、ということです。

4月からの仕事を探さないといけない状態を自分から作り出したわけですが、今の仕事を続けていく上での体調であったり、また継続性であったり、また仕事を続けていく上での役割や意味合いについて、いまいち不安に感じていたことを考えると、この選択肢もやむを得ないのかな、という気がしています。

派遣会社の営業担当や、派遣先の担当者や先輩、店舗従業員の皆さんには、本当に良くしていただきました。その点については、とても感謝しています。現場には、過酷な業務の中にある「助け合い」みたいな気持ちと行動がありました。「突き放された」と感じることがあまりなかったことを振りかえると、客層や業務のプロセス等は除いてですが、職場的には良い環境だったと思います。自分に体力というか、乗り切れる力があれば、恐らく次の契約も更新していたと思います(そこに、前述の不安めいたモヤモヤとした気持ちはあったかもしれませんが)。

派遣先との面談時に「一年間は続けたいです」と伝えましたが、結局8か月の勤務となってしまいました。ただ、3月末という、年度の境目で契約が切れるというのも、何だかキリが良いように思います。自分にできる仕事、自分がしたい仕事、自分に合う仕事、仕事に就くには様々な視点がありますが、柱となる部分を決めた上で、改めて仕事を探したいと思います。ただ、一人暮らしを続けて行くためのコストは、きちんと賄える仕事じゃないといけない、という縛りがあるのが辛いのですが。*1

*1:本当は、週3~4日くらいの、心身に負担が掛からない仕事がベストですが、それだと収入が追い付かないのです。

広告を非表示にする