自分に合った仕事

イオンショップ

今までの自分の職歴として、「あれもやって」「これもやって」という仕事に従事することが多かった。しかし、その働き方は自分との相性が悪かったのではないか、ということに気付きはじめた。もっとも、社会に出て15年くらい経ってようやく気付いたので、それだけ職歴を重ねてしまっている現実がある。

今やっている仕事も半年以上経ったが、接客、説明、事務の繰り返しという内容で、しかも立ちっぱなしの仕事ゆえに体力も奪われ、処理能力が追い付かなくなってしまった、という実感がある。事務処理が残っていたり、何かを片付けようと思っている時にお客様が来ると、正直疎ましく思ってしまうこともあり、やっぱり接客業には向かないな、という自覚もではじめてきた。

接客業のやりがいには「誰かに喜ばれる」ことが挙げられると思うが、この接客業は不思議なことに「ありがとう」等の感謝の言葉をお客様からいただくことはあまりない。客層にもよるのだろうが、今まで接客業を経験した中でも、ちょっと特殊な世界だとは思う。逆に怒られたり嫌味を言われることが非常に多く、そのたびに「申し訳ございません」と頭を下げることが多い。

そんな今の仕事についてや、仕事観について友達と話し合っていたのだけれど、どうも私は「同時進行で複数のことをこなす」よりも、「一つのことを徹底的に突き詰める、考える」という仕事のほうが相性が良い、と友達は言う。それには自分も納得できる節があって、そのほうがストレスも少なく長続きもするのでは、という期待もある。

ただ、そういう仕事って具体的にどういう仕事なんだ、というとまったく分からないし、そういう仕事が自分の経歴や学歴等と合致するのか、そもそもそれでメシを食えるのか、ということなんだけど、多分このままの状態で転職活動を行ってしまうと、また短期で職を転々として、やがて無職となり生活ができなくなる、という日が来てしまう。

一つのことを徹底的に突き詰める。集中する。そんな仕事って何だろうか。一度そんな仕事に就いてみて、自分との相性を確認してみたい。

広告を非表示にする