今年のプロ野球を見ていて、感じたこと、思ったことを漠然と書き出してみる。

イオンショップ

セ・リーグは巨人優勝、パ・リーグソフトバンクが優勝しました。


セ・リーグ

7月あたりまでは、広島が独走で優勝すると思っていたんですよ。あの強さは尋常ではなかったし、今までの広島にはなかったような試合っぷりにすっかり惚れ込んでしまって、今年は広島の試合を注目していました。今年、マツダデミオを買った、というのも、若干ですが親和性があったのかもしれません(笑)。

ムラのある投手陣を乱打戦でねじ伏せるような戦いもあれば、継投策で僅差で勝利するなど、本当に強いチームになったなあ、という印象だったんですが、やはり交流戦の絶不調が痛かったですね。あれで、巨人、阪神に一気に差を詰められてしまいました。こうなると、やはり層の厚い巨人が有利になってくるわけで。

あとは、エルドレッドバリントンの投打の主軸の不調も痛かった。特にエルドレッド、本当にどうしたんだと言わんばかりに、一ヶ月くらいヒットらしいヒットが生まれませんでしたよね。9月にようやく復調して、ホームランも出ました。それでも、セ・リーグの最多本塁打をキープしているわけですから、もしエルドレッドが前半の状態を維持したままだったら、昨年のバレンティン本塁打数に迫っていただろうし、チームもより良い状態で優勝戦線を戦っていたと思います。

それだけに、今年の広島は本当に“惜しい”と感じました。主力選手の若返りが上手く行っていると思うので、来年、再来年あたりは本当に優勝を狙えるチームになると思います。菊地の安打数と鉄壁の守備も素晴らしい。パワプロだったら、「アベレージヒッター」と「守備職人」、ミートカーソルと守備力は間違いなく“A”ですね。「カープ女子」の応援も続くでしょう。そしてマエケン、メジャー行かないでね。

f:id:masayan1979:20141003020307j:plain
photo by pakutaso.com

パ・リーグ

こちらも、オリックスの独走だと思っていました。でも、ダイエーにじわじわと追いつかれて、最終的には今日に優勝が決まってしまいました。ダイエーは、打撃十傑の中に8人くらい名前を連ねていたことがあって、とにかく強烈な打線で試合を制してきた印象があります。オリックスも、糸井、ペーニャ等の補強と、T岡田の好調もあって、打撃と投手のバランスが非常に良かったんですけどね。

オリックスが惜しかったと思ったのは、投手陣の疲労だったように思います。特に抑えの平野佳寿。後半は打ち込まれることが多く、大事な試合でリリーフ失敗を何度かしてしまっているのがもったいなかったです。平野は日本プロ野球界を代表する絶対的な守護神ですが、やはり疲れが出たのでしょうか。本人も一番悔しいと思います。

あと、超個人的なところですが、西武の森友哉にも少し注目していました。あの代打ホームランはすごいですね。『プロ野球ニュース』で金村がいつも「マンガの世界から出てきたような選手」「ホームランの打ち方を知っているみたい」と絶賛していますし、「若い頃の小笠原*1に似たスイングをしているよね」というコメントどおり、本当に小笠原のバッティングフォームに似た迫力のあるフルスイングをします。

印象に残っているのは、2014年9月9日のロッテ戦。9回表・ロッテに1点のリードを許して後がない場面で秋山が出塁し、代打で登場した時のこと。まさか、初球を捉えて逆転ホームランを打つとは思わないじゃないですか(笑)。この模様は、当日の『プロ野球ニュース』で見ていたんですが、ロッテの伊東監督は猛烈に悔しがり、西武の田辺監督代行は「うそだろ?」と言わんばかりの笑顔。この逆転ホームランには痺れました。

【9回表】森友哉選手は何年目だったろうか
 千葉ロッテマリーンズは継投西野勇士投手の登板。先頭バッターは秋山翔吾選手。そして、秋山翔吾選手はボールを良く選びフォアボールで出塁する。つづく、斉藤彰吾選手が2球目外角高めのストレートを犠打成功。
 そして、本日スタメンの大阪桐蔭出身岡田雅利選手に代わり、大阪桐蔭では後輩だが、埼玉西武ライオンズでは同期であり、結果を残している森友哉選手の登場だ。
 森友哉選手はどっしりと、本当に力士のようにどっしりと構えた。そして、西野勇士投手が投げた瞬間、大きく足をふりあげタイミングを取り、初球135km/h真ん中低めのフォークを完璧にとらえた。森友哉選手は19歳、大阪桐蔭を卒業したての新人のはずだが、どう見てもベテランの風格が有る。そして、この日、初球で2ランホームランを決めた。明らかに、格が違うとしか言い様がない選手だ。埼玉西武ライオンズファンとして本当に誇らしい。ロ1-2西。
★9/9 森選手がベテランにしか見えない 高橋投手の迷い 牧田投手と岡田捕手掛け合い 2014年9月9日埼玉西武ライオンズVS千葉ロッテマリーンズ第22回戦プロ野球速報 / 日刊埼玉西武ライオンズ

結局、この試合は9回裏に追いつかれ(ホームランを打った今江もすごい)負けてしまうのですが、もしこれで西武が勝っていたら、また一つ森伝説が生まれていたかもしれません。

クライマックスシリーズ

どのチームが日本シリーズに進出するか分かりません。優勝チームでさえも逃してしまう可能性があります。過去、ソフトバンクも「優勝したのにクライマックスで負けて日本シリーズに出場できなかった」ことがあります。

だからこそ、セ・パそれぞれの2位、3位のチームにはもう一波乱を起こしてほしいな、と思っています。個人的には、広島に日本シリーズに出場してもらいたいなー、なんて思って見たり。

そんなことを妄想しながら、これからの消化試合(?)も見ていこうと思います。消化試合って、意外とマニアックな選手が出てくることもあって、見ていてちょっと面白いんですよね(笑)。

*1:小笠原道大選手(現・中日ドラゴンズ所属)

広告を非表示にする