インターネット上での情報整理

イオンショップ

f:id:masayan1979:20140927004406j:plain
photo by pakutaso.com

自分が購読しているはてなブログで、インターネット上の情報整理について言及されていたブログがあった。id:super2020さんによる次のエントリだ。

私も常々考えていたテーマでもあったので、興味深く読ませていただいた。

ブログについては、はてなブログとして購読しているものに加えて、「相互RSS」に登録しているブログ等を、時間があるときに巡回している。以前は「はてなアンテナ」を活用し、はてなダイアリーのサイドバーにモジュールとして表示させていた。更新され上位に表示されたブログから順に読んでいくようにしていたが、自分のライフステージや、それにともなう必要な情報が変化していく中で、不必要なものまで上位に表示されるようになり、また、はてなアンテナに登録されているサイトを整理するのも面倒臭く、いつしかはてなアンテナは活用しなくなってしまった。相互RSSについても、できるだけ必要最低限のブログ等を登録しているつもりである。

ブラウザのブックマーク。こちらは、残念ながらまったく整理ができていない。Google Chromeを使いはじめたとき、今まで使っていたFirefoxからブックマークをインポートした際に少し手を加えたくらいだ。一体何年前の話なのだろう(笑)。日ごろアクセスするページのほとんどはブックマークバーに表示させ、いちいち「その他のブックマーク」を開かずとも、すぐに目的のページを開くことができるようにしている。裏を返せば、それ以外に登録してあるブックマークは、ほとんど手つかずのまま放置されているということだ。ただ、「その他のブックマーク」自体が、今の自分のウェブ生活にどこまで活用されているのかを考えると、このままで良いか……とさえ思ってしまうのだけれど。

ちなみに、私の生活スタイルとして「よく使うものは、常に自分の手が届く場所に置いておく」という傾向がある。思い立ったとき、あまり自分の体を動かさず、すぐに手に取って使いはじめたいというズボラな証でもあるのだが、もちろん、自分の手が届く場所より遠いところにあるものは散らかり放題で、どうやって整理整頓をしようか考えあぐねている。案外、インターネットの情報整理についても、そんなものなのかもしれない。自分が日ごろ活用する部分については、こまめに手を加えるけれども、それ以外やそれ以上のことは放置していて散らかりっぱなし。「部屋の整理」と「インターネットの情報整理」って、ひょっとしたらよく似ているのではないのだろうか。

SNSの情報整理

つまりはFacebookTwitter、Line等のツールについてだけれど、これらも情報の坩堝であり、本当に必要な情報と、そうでない情報の取捨選択を迫られるものの一つである。私が情報収集を行う際に、よく目を通すのはこれらSNSであるが、こちらも最近は情報が氾濫してきた(皆さんが発信する情報が膨大になってきて、自分の頭の中での処理ができなくなってきた)ので、一応の整理をはじめようと思っている。

ひとまず、現在メインで利用しているFacebookTwitterについて語ってみる。

Facebook

Faqcebookに関しては、“リアルな世界”とのつながりから派生していることから、リアルな世界の人間関係がウェブ上でも地続きで続いており、なかなか情報の取捨選択がし辛いものである。「Facebookでの友達関係を解消する=現実社会での友人関係も解消される」というリスクを孕むこともあるので、取捨選択が非常にデリケートな問題でもある。

できる限り「非表示」に設定したり、投稿対象に制限をかけたりして“穏便に”付き合うよう工夫はしているのだが、それでも実際に付き合いのある人たちからの情報が、止めどなく、まるで洪水のように流れ込んでくることに正直疲れはじめている自分がいる。「いいね!疲れ」や「既読疲れ」に似たようなものかもしれない。かといって、今の自分の情報収集の手段として、Facebookは無くてはならない存在でもあるので、「情報収集の場」における、自分が直接関わったことのある人たちからの「情報洪水」から、どうやって波風を立てないように避難をすべきかを模索中である。

Twitter

Twitterについては、その場限りの情報を読む、ということだけに終始している。特別なユーザーや、誰かの発言を追いかけるようなことはせず、開いたときに画面に映る情報を見て、つぶやきを読むだけに終始している。話題性の高い情報なんかは、誰かがリツイートしてタイムライン上に上がってくるし、著名人の他愛もないつぶやきなんかも、見ていて面白い。私も自由に、力を抜いて(もちろんモラルを守りつつだが)つぶやくことができる。あまり人目を気にしないままつぶやけるのも気に入っている。

そういう点では、一番気楽に情報を収集し、自然と取捨選択できているものだと、私は最近思っている。ただ、こちらの場合は整理が少々厄介で、リストを作ってはみるものの、なかなかリストを活用できないでいる。これができるようになると、Twitterで有益に情報を集めやすくもなるのだが……。Twitterのまとめログが見辛いのも何だかな。

情報の収集と整理の切り分け

このところは色々と忙しく、情報の発信も収集も整理もあまり意識しないままに行ってきた。いや、意識はしているのだけど、それが行動と習慣へと発展できない状態が続いているといったほうが正しいかもしれない。せいぜい、気になった記事や報道をEvernoteにクリップするくらいだが、そのEvernoteさえも、ノートブックの整理を行えず、ただ情報を貯め込んでいるだけという状態になっている。

どのコンテンツでも、ある程度のコントロールをしないと情報の洪水に飲み込まれっぱなしで、自分がいつどのタイミングで必要な情報を得ようとしているのかがブレてしまい、必要な情報と必要でない情報の切り分けができなくなってしまう。雑学王を目指していたり、あらゆる情報を吸収できる脳みそを持っていたりするのであればそれも良いのかもしれないが、そこまで脳みそが多機能ではない私にとっては、情報の必要不必要のメリハリをつけて、もう少し自分に負担をかけない程度に流れてくる情報を整理し、上手く付き合っていく必要があると改めて思う。

情報を発信するときの姿勢や考え方が、上手な情報の収集・整理へとつながっていくのでは

情報を収集、整理することと同じくらいに意識しておきたいのが、自分が情報を発信する側となったときの姿勢や考え方である。自分が情報を発信しようとするときに、「この情報は誰かにとって必要な情報なのか」「誰かから“面白い”と思ってもらえるような情報だろうか」等など、自分が発信しようとする情報を相手が必要としているかどうかを意識しながら情報発信することで、逆に自分にとって必要な情報が、自然と入ってくるようになるのではないだろうか。

とはいえ、余暇の時間を使って更新する個人のブログでは、そこまでを意識して記事を書き上げるのはなかなか難しい。そこまで意識を高める以前に、まず毎日続けて行くこと自体が大きなハードルだ。それゆえに、コツコツと積み重ねながら、日々精度の高いものを自分で作り上げていく上で、多くの情報を受け入れ、日々整理していければと思う。インプットとアウトプットは、常に連動しているものだと思うから。

広告を非表示にする