夏の寝具選び

イオンショップ

f:id:masayan1979:20140620033356j:plain
photo by pakutaso.com

夏の寝苦しい夜に

6月も半ばを過ぎました。蒸し暑い日が続いたり、一方で天気が不安定だったりと、グズグズした天候が続いていますが、じょじょに夏へと近づいているのが肌で感じます。

さて、今年の1月にベッドと寝具一式を新たに購入したことは、このブログでも書いてあるとおりです。その一連のシリーズは、以下のリンクをご覧いただければと思います。

ベッド・寝具 一式買い換え騒動記 【ベッド購入篇】 - Mnemosyne 日常の記憶
ベッド・寝具 一式買い換え騒動記 【すのこベッド組立篇】 - Mnemosyne 日常の記憶
ベッド・寝具 一式買い換え騒動記 【寝具購入篇】(完) - Mnemosyne 日常の記憶

当時は真冬だったので冬用の寝具を取り揃えましたが、夏が近づくにつれて、これではとても眠れず、どうしようかと考えていました。予算もそれほどありませんし、「それなら一先ずニトリで探してくるか」と最寄のニトリへ車を走らせました。

「Nクール」は「ひんやり、い~気持ち。」

そういえば、1月に寝具を購入した際、ニトリが販売する「Nウォーム」というブランドの敷きパッドを購入しました。

「科学のちからで、あたたかい」をコピーとした商品でしたが、確かに暖かく重宝しました。冬場にそのようなブランドを販売しているくらいですから、似たようなコンセプトで夏用の敷きパッドも売ってないかなーと思って寝具コーナーへ行ったところ……ありました!

特集/Nクール特集 - 【ニトリ】公式通販 家具・インテリア通販のニトリネット

今度は「Nクール」という名前。接触冷感機能を備えた商品群が大々的に並んでいました。「Nクール」がどういう商品かについては、動画でご覧ください。


ひんやり、い~気持ち Nクール - YouTube

このNクールには、通常の「Nクール」と、より冷たさを実感できる「Nクールスーパー」の2種類があります。店頭では、実際にその2つを比べることができるコーナーがありましたが、確かに「Nクールスーパー」のほうが冷たさを感じることができました。ただ、お値段も通常のNクールに比べて、それなりに高くなりますが。

接触冷感機能商品については、他店でも体験したことがありました。先日も、某百貨店で東京西川が発売している15,000円くらいの商品を触って「気持ちいいな~」なんて思っていましたが、私の収入では手が届かない商品……。口惜しさを噛みしめていましたが、一方で庶民的なニトリのブランドで、接触冷感機能を手軽に味わうことができるというのは、私のような生活をしている人間にとって、大変ありがたいことだったりするのです。

というわけで、今回はNクールシリーズの中から選ぶことに決めました。

最終的に選んだのは

予算のこともあったので、今回は敷きバッドを……ということで、私が最終的に選んだのは、以下の2つでした。

※リンクは楽天アフィリエイトのリンクです。

敷きパッドは、少し値段が高めでしたがNクールスーパーを選びました。敷きパッドは固定されるので、位置等を調節できず、涼しくなり過ぎてもな……と思い、掛け布団(タオルケット)をNクールスーパーにしようかと悩みましたが、敷きパッドは、掛け布団のように朝になったらどこかに飛んでいってしまう可能性もないし…ということで、Nクールスーパーの敷きパッドに決めました。

枕カバーについては、最初買う予定ではなかったのですが、店頭で見ていて「あったほうが良いかも」と衝動買い。色も統一されますし、そのことでベッドまわりに涼感を演出することができると思い購入しました。

本当に涼しい?

セッティングしたら、こうなりました。

f:id:masayan1979:20140620033042j:plain

あまりキレイに写ってはいませんが、実際は見ただけで涼しさを感じることができるような雰囲気です。

実際横たわってみると、驚くほどダイレクトに肌に冷たさを感じます。枕カバーも、後頭部から首筋にかけて冷たい感覚が伝わってくるので、寝苦しさを軽減できそうです。Nクールシリーズは自宅の洗濯機で丸洗いができるので、汗をかいても家庭で清潔さを保つことができます。これも、大きな強みの一つですね。

掛け布団は、現在オールシーズン仕様のものを使っていますが、とはいえ厚みがある分だけ暑さを感じそうなので、来月までにNクールのタオルケットを買おうと思っています。

今年の夏は冷夏の可能性がある」なんて言われていますが、気温が高いことには変わりがないと思いますので、接触冷感機能商品を活用し、できるだけ電気を使わずに涼しく過ごしたいですね。

広告を非表示にする