キャパシティビルディングワークショップ

イオンショップ

昨日は、午後からコミュニティ・ユース・バンクmomo、パナソニック株式会社共同主催の「キャパシティビルディングワークショップ&公募説明会」に参加してきました。

前後半と分かれており、前半は「Panasonic NPOサポートファンド」についての概要と説明を、パナソニック株式会社の金村俊治さんに語っていただきました。

そもそも、「キャパシティビルディング(組織基盤強化)」とは具体的に何ぞや?ということで、僕はまったくこの言葉を知らなかったのですが、つまりは「地域課題解決のために取り組む組織の“内部課題を解決する”」ことだそうです。

第三者が組織を診断した上で、自分たちが組織の課題を抽出し、それを解決して組織力を強化するために取り組むことを指すのだそうです。「組織基盤強化」を行うことで、「組織」「人材」「マネジメント」などの分野が支援され、その結果、組織の財政基盤と課題解決の成果を高めようというものです。「Panasonic NPOサポートファンド」では、そうした組織基盤強化を行うための経費を助成しています。

後半は、その内容を踏まえたキャパシティビルディングワークショップを行いました。

ここでは、「組織課題の分析をしよう」ということで、参加者が自組織の事業内容や中期目標、ビジョン、今ある課題と解決策を整理共有し、参加者同士で質問やアドバイスをしあいましょう、というものでした。僕は、もちろん自分が勤めているNPO法人のことを書いたわけですが、その後の他の参加者による質問、アドバイスの中で、大きく2つの課題が浮き彫りになりました。

一つ目は、僕自身が組織のビジョンやミッションをきちんと把握していたのか、ということ。書き出した「将来のビジョン」のすべてが『手段』として終わっているんですね。いわば、「アウトカム」から「インパクト」の部分へと繋がっていないんです。ひょっとしたら、「アウトプット」から「アウトカム」としても説得力が乏しかったのかもしれませんね。今の自分たちの業務が、将来的にどんな社会を作り上げ、どんな未来を目指しているのかを明確に描けなかったことが、課題として浮き彫りになりました。

二つ目は、組織自体の課題でした。この課題が浮き彫りになったあと、日本NPOセンターの初任者研修会の資料を読んでいたら、田尻さんによる講義資料の「公設の(支援センター)共通の課題」の中に、今回浮き彫りとなった課題とまったく同じものがありました。先日の「初任者研修会」と、今回のワークショップが早速リンクしたことに思わず驚いてしまったのですが、一方で、この課題はどの組織も抱えている根深い問題なのだな...と強く感じました。

今回のワークショップは、「自分が働く組織の課題を整理する」という、視点が内向きの内容だったので、今までとはまた違った気付きや理解がありました。より良い地域課題の解決のためには、自分たちの組織基盤を強化する。そのことで、より一層の成果を生み出すことができる...。確かにそのとおりですが、組織は自分一人で動かしているものではありません。「言うは易く行なうは難し」の部分もいくつか見えました。「組織」について考えさせられる内容のワークショップでした。

このワークショップを開催してくださったコミュニティ・ユース・バンクmomoの木村さん、パナソニック株式会社の金村さん、ありがとうございました。

広告を非表示にする