今週のお題「ゲームと私」

イオンショップ

しばらくはてなから遠ざかっていた間に、いつの間にか「今週のお題」なんてコーナーができていてちょっと驚いた。

今回はそれに乗っかってみようと思います。下書きなしで勢いで書きますね。

僕とゲームは、それはもう切っても切れない仲です。小学校一年生の頃からゲームをやっていました。

ゲームとの初めての出会いは、友達の部屋で遊んだ「スーパーマリオブラザーズ」でした。これがもし「忍者じゃじゃ丸くん」とか「マイティボンジャック」とかなら、多分ファミコンは買ってなかったと思います。スーマリだったから、多分「欲しい」ってことになったんじゃないかと思います。

ちなみに、僕がスーマリを買ったのは3本目でした。1本目は「ベースボール」、2本目は「忍者ハットリくん」、3本目がスーマリでした。その後も我が家にはファミコンのカセットが増え続けました。よく親には叱られましたが、遅かれ早かれゲームにはハマっていたと思います。

ファミコンの後にPCエンジンを買って小学時代が終わり、スーパーファミコンと同時期にPCエンジンDUOを買って遊んでいたのが中学時代。高校時代はプレステとサターンが登場し「次世代機ブーム」が到来しました。一方、セガメガドライブメガCDには食指が動きませんでした。セガの作品とは元々相性が悪かったのですが、次世代機ブーム以降はセガサターンドリームキャストを購入しました。ただ、ドリームキャストは買って失敗だったかな。遊んだのが「ソウルキャリバー」だけだったし*1。ちなみに、高校時代は格闘ゲームのブームだったこともあり、KOFとかストZEROにもハマっていました。

そして、今所有しているのがプレステ2WiiニンテンドーDSPSPの4つです。でも、ニンテンドーDSはほとんど起動させていないのが現状です。仕事をしてから帰ってくると、ゲームをやる時間もないし、一人暮らしだから炊事洗濯なんかの家事もしなきゃいけない。ゲームをする時間を取るのが、本当に極僅かになってしまいます。ああ、大人はこうやってゲームから離れて行くんだな……というのを、今ちょうど実感しているところです。まだ完全に卒業はしませんが。

今思えば、中学の頃に遊んだスーファミPCエンジンDUOの頃が絶頂期でしたね。どちらのハードが印象に残っているかと聞かれれば、僕はPCエンジンのほうが印象に残っていると答えます。なぜなら、初めて「天外魔境II」を遊んだときの衝撃は半端じゃなかったからです。ドラクエファイナルファンタジーなんかは、特にそれほど感動は覚えなかったんですよ。「ああ、また面白いな」みたいな感じで遊んでいたんですが、天外魔境IIは「これは何か違う」みたいなものを画面から感じました。ただ単に「声が出る」とかではなく、今の言葉で分かりやすい表現をすれば、「オーラ」みたいなものを感じました。ゲームであんなオーラを感じたのは、後にも先にも天外IIだけですね。天外IIIはクソゲーだったのでガッカリでしたが。他にも「天使の詩天使の詩II)」「BURAI」「イース」「ドラゴンスレイヤー英雄伝説」など、忘れられないソフトばかりでした。特に「天使の詩II」は泣けます。今プレイしても遜色のない名作だと断言できます。

他にも、今日まで続くギャルゲーの礎となった「ときめきメモリアル」にもハマりましたね。これを境にPCエンジンは一般のゲームとは一線を画したギャル路線へと歩みを向けるんですが、逆に考えれば、ギャルゲーが次世代ハード以降も存在感を示し続けることができているのも、PCエンジンの働きがあったればこそなのではないでしょうか。

どうしても懐古主義に走ってしまいますが、今発売しているゲームも愛しているつもりです。やっぱり買っちゃいますもんね。ただ、当時に比べて集中力が衰えて、一時間くらいですぐに終わってしまいますが。また、格闘ゲームをやるときに、明らかに反射神経の鈍りを実感するときにも、衰えを感じてしまいます。これは、目に見えて分かるので余計に辛いですね。

以上、こんな感じです。とりあえず今僕が求めているのは、「カルドセプト」の新作が早く出ないかな、ということです。期待してます大宮ソフトさま。

*1:しかし、このソウルキャルバーは超傑作でした。