自分の夢を夢占いで解釈してみた

イオンショップ

2日くらい前の夜に、こんな夢を見ました。

目的地に早く着くために、歩道橋で近道ができると思って歩道橋の階段を上ってみたら異常に高い階段で、眼下に見える景色が怖くて思わず降りてしまった。でも、周りの人に励まされて再度挑戦した結果、無事階段を上りきり、浮遊しているプレートのようなものに飛び乗り、空を飛んで目的地まで行くことになった。
そのプレートが小さいうえに不安定で、バランスを崩して落ちそうになるなどしたが、途中で持ち直して順調に空を飛び、落ちずに目的地までたどり着いた。

目的地は、町内の路地裏みたいなところでした。天気は快晴。雲一つない澄み切った空だったように思います。

この夢で一番印象的だったのは、歩道橋の階段を上り切ったところでした。澄み渡った青空の景色でキレイだと思う一方で、恐くなって帰りたくなるくらいの高さだったのを覚えています。

階段を上り切ったあとですが、なぜか橋の部分と、ザブトンくらいの面積の小さなプレートが置かれている部分があって、僕はどういうわけかザブトンのプレートのほうを選ぶのです。超高空にも関わらず、ザブトンに座って目的地を目指すために飛行。最初はフラフラしていたんですが、やがて安定して、上手く町内の路地裏に着陸する……という流れです。

この夢が一体何を表すのか。ハッキリ覚えていたし、ものすごく気になったので、夢占いで調べてみることにしました。夢占いで参考にしたのはこのサイトです。

夢占い 夢ココロ占い
http://yume-uranai.jp/

さて、この夢で出てくる主なキーワードは……

  1. 歩道橋
  2. 階段
  3. 励まされる
  4. 景色(青空)
  5. 空を飛ぶ


この5つです。

まず、歩道橋から見てみましょう。

歩道橋:
これからしようとしている事や進行中の事が順調に運び期待通りの結果を出せそうです。歩道橋を渡る夢なら、生活に何らかのよい変化がありそうです。しかし悪い印象を受けた夢なら、不運に見舞われるなど悪い変化の前ぶれです。行動は慎重に!

この夢の中の解釈に当てはめれば、歩道橋自体は渡っていない(階段を上ったあと、いきなり空を飛ぶ)ので「これからしようとしている事や進行中の事が順調に運び期待通りの結果を出せそう」という部分で留めておくことが可能な気がします(無理やり?)。ただ、悪い印象(異常に高い階段だった)という状況も含まれているので、若干悪い変化もはらんでいるのかもしれません。

次に、階段です。

階段:
目的や将来に向けて動き出そうとしているしるしです。階段を昇る夢なら、運気は上昇の兆し。イキイキした生活を送ることができるでしょう。しかし、降りる夢なら、気持が沈みがちになっているようです。運気は下降気味。毎日をダラダラ過ごしていたり、ヤル気も元気もないのかもしれません。

らせん階段:
らせん階段の夢は、思い迷うこと、遠回り、立ち止まりながらも物事はよい方向に運んでいくことを暗示します。ただし、らせん階段を降りる夢なら、いく先に困難が待っているようです。強い意志、諦めない気持が大切です。

階段には二つの種類があって、それぞれで解釈が違うようです。実は、この階段がどのような階段だったのかよく覚えていないんですが、上りきる直前は真っ直ぐだったので、普通の階段で解釈したほうが良いかもしれません。

階段を上ることは、運気が上昇していることらしいです。ただ、一度恐くなって降りているので、気持ちが沈んでいるのかもしれません。励まされて階段を上っているので、次の「励ます」というキーワードと絡めて解釈してみたいと思います。

励ます:
自分自身への励ましや勇気づけが必要であることを告げています。迷いや不安など少し弱気で臆病なココロがあるせいです。自分に自信がもてずにいたり諦めの気持でいるせいなのかも?誰かに肩を押してもらうような後一歩が踏み出せたら、ココロのわだかまりが解け何事も順調に動き出しそうです。

「励ます」というキーワードは、(自分が)励ますことによって、自分自身への励ましや勇気付けが必要ということらしいです。ちょっとここの夢占いでは上手く該当しないようなので、別の夢占いで探してみたところ、該当しそうなものがありました。

i-revo 夢占い
http://fortune.i-revo.jp/

励ます(はげます):
あなたが誰かに励まされているのは、自分自身に対する過小評価をあらわします。もっと自分に自信を持っていいと思います。また、夢の中で励まされて益々落ち込んだのか、元気が出たのかどうか、その感情も重要なメッセージを持ちます。励まされても落ち込んでしまうなら、周囲へのアピールが足りないのかもしれません。
誰かを励ましているなら、それは自分自身を励ましていることに。あなたが思っているほどの評価を得ていないのかもしれません。もう少し客観的に自分のことを判断してみてください。

自分自身への過小評価、といったところでしょうか。もっと自分に自信を持ったほうが良い。これは、僕がよくいろんな人に言われていることですが、何だか言いえて妙な解釈で少し驚いています。「ここでも出てきたか」みたいな。

先ほどの「階段」と組み合わせて解釈するならば、一度は気持ちが沈んだけれど、周りの人から認められ、「もっと自分に自信を持てよ」と言われ、自信を取り戻して目的や将来へ向けて歩み始めた、と解釈することができそうです。

次は景色(青空)です。

青空:
あなたのココロが晴れ晴れとしていて、前向きな気持で色んなことにチャレンジできる状況です。また、正直でピュアな自分でありたいと思う気持の表れでもあります。運気は上昇!幸運に恵まれることを暗示します。

これは嬉しいですね。晴れ晴れとした空(気持ち)へ、ザブトンスペースの謎のプレートで飛び立ちます。

空を飛ぶ:
チャンス到来の兆し!積極的に行動することで何事もよい方向に進みそう。しかし夢の中でうまく飛べなかったり、低い所を飛んでいたり墜落してしまうような夢なら、運気は下降の兆し。自分に自信が持てなかったり不安定なココロの状態のようです。

これまた吉夢の予感です。しかし、最初はフラフラで墜落しそうになったり、上手くザブトンに座れなかったりして苦戦していたので、ひょっとしたら下降運の兆しなのかも。自分に自信が持てないことの象徴としても描かれていますね。

以上、主なキーワードの解釈をまとめてみると……


今自分がやっていることや、これから自分がやろうと思っていることは順調に運ぼうとしている。心の中では、どんなことにでもチャレンジできる状態。そしてそれは、やがて自分の将来や目的にも繋がっていく可能性があるのだが、気持ちが沈んでいて自分に自信が無いために、チャンスを活かせず不安定で中途半端な状態になってしまっている。


……こんな感じでまとめてみましたが、いかがでしょうか。「空を飛ぶ」の部分については、最初は不安定ですが、じょじょに体勢が安定していって、最終的には墜落することなく目的地にたどり着いていたので、きっとどこかで自信を得る暗示なんだろうな……と期待的自己解釈をしています。

こうして考えた結果、今回の夢が暗示していたのは「自分に自信を持つこと」だったのかもしれません。「もっと自分に自信を持てよ」「もっと自分で自分を評価しても良いんじゃないか」といったような、自分自身を鼓舞しなさいという暗示だったのかもしれないですね。

そして、自分に自信を持って取り組めば、きっとこれからいろんなことにチャレンジできるし、将来的な目標を見付けたり、自分自身がやらなければならないことだって、ひょっとしたら見えてくるんじゃないか……逆に言えば、今は自分に自信が無くて不安定な状態だから、成長の殻が破れず自分を評価できないんじゃないか……そういうことを教えてくれたのかもしれません。

数時間の睡眠の中で、本当にわずかに覚えている夢ではありますが、こうして棚卸をしてみると結構考えさせられますね。

また機会があれば、夢占いを参考にしながら夢の解釈をしてみたいと思います。

広告を非表示にする