三重県津市河芸町上野 伊勢上野城跡へ行ってきた。

イオンショップ

去る3月17日。津市河芸町上野にある「伊勢上野城」へ行ってきました。

現在では「本城山青少年公園展望台」が立ち、小さな公園が周りにあるだけの場所ですが、この小さくて小高い公園が今、津市の間で盛り上がりを見せているんです。

その理由は……NHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』にあります。

この画像からも分かるように、ここは浅井長政の娘・江に縁のある場所なのです。

その詳しい理由は、こちらのサイトに書かれています。

【伊勢上野城跡】江ゆかりの地をめぐる旅 | 津市観光協会

織田信長の弟、信包が、津城の仮城として1570年に改修築城した伊勢上野城お市にとっては兄である信長に攻められ、浅井長政(お市の夫、三姉妹の父)が自害した後、信長の計らいにより、お市と三姉妹が移り住んだお城です。江は0歳から7歳までを過ごしました。その後、廃城となり、後に津藩主、藤堂高虎により取り壊され、現在は城郭の跡のみ残っています。

というわけなのです。大河ドラマの主人公に縁のある場所ということで、津市内で広く知られるようになった場所の一つなのです。

城跡という名前ではありますが実際には城の面影はなく……

今やこのように当時の様子を記録し、伝えるための情報が残されているだけの公園となっています。

なお、先に紹介した展望台の一室には資料館があり、江姫にまつわる様々な資料が展示されています。そして、江姫にまつわるグッズも販売しており、津市が“江”とタイアップした町興しに力を注いでいるのがよく分かります。

なお、この伊勢上野城跡の駐車場には、プレハブで建てられた「土産物屋」がありました。大河ドラマの影響で観光バスが立ち寄ることがあると聞いていますので、そのお客さんを狙っての土産物屋だと思われます。もっとも、土産物屋の一つくらいないと、あの場所はあまりにも殺風景な場所なので、僕個人的には良いのではないかと思っています。

展望台のある公園から少し先に歩くと、伊勢湾を望む東屋が見えてきます。

近鉄電車とイオンのスーパーマーケットという、ある意味三重を象徴する景色が眼下に広がりますが、その向こうには青く澄んだ伊勢湾を望むことができます。

当日は天気も良くポカポカ日和だったので、優しい木漏れ日を感じることができました。

この東屋から違う道を通って駐車場の方へ向かうと、途中にまた別の公園を発見。

いつもはこの池に水を張っているのでしょうが、当日はおじさんが石畳を工事しているみたいだったので水は張られておらず、一休みすることができませんでした。この工事が終わって、きちんと水が張られるころには、きっと素敵な場所になっているんじゃないかな、って思います。

以上でブログでの紹介は終わりです。画像は他にもありますので、こちらをご覧ください。

masayan1979's fotolife 11.3.17伊勢上野城

facebookの人はこちら 2011.03.17 三重県津市 伊勢上野城

感想としては「のんびりした良い公園」でした。天気の良い日に家族や恋人と訪れると、まったり楽しめて良いんじゃないかな、って思います。お弁当なんかを食べても良いかも。

国道23号線沿いを走っているときに、時間に余裕があれば立ち寄るのが良いかもしれないですね。


大きな地図で見る

広告を非表示にする