会社を退職し、便秘を解消して、貧乏になった現在の僕

前回の記事から3週間近く経ちました。仕事は6月いっぱいで退職し、体調の回復も遅かったことから、具体的な行動を取らないまま今日に至っています。

会社を退職しました。

6月後半の急性腸炎に加え、一時的に治まっていた睡眠障害が再び発症したため、仕事が続けられなくなり退職しました。結局、6月の出勤日数は4日に留まり、その他は有給休暇(初年度の6月以降に有給休暇が発生する職場でした)を3日と、本来取得すべきだった夏休み休暇を3日いただき、合計10日分の給与をいただくことになりました。

もちろん、それだけのお金では家賃や光熱費などのランニングコストは賄えないので、今後の費用をどうしようかと考えているのですが、思いのほか精神的ショックが大きく、また急性腸炎の影響で、次の仕事へ一歩踏み出すこともできずという状態で、ぶっちゃけ八方塞の状態です。貯金もありませんので、今あるお金が最後のお金ということになり、今後どのように暮らしていけば良いのか、目処が立たない状態と言っても過言ではありません。

一応、失業手当の受給資格はあるのですが、自己都合で退職したので、3か月の待機期間があります。その3か月を凌ぐことすら厳しい状態です。少しばかりでも良いので、まずは公的支援や生活福祉資金の貸付などで乗り切り、その間に次の仕事を決めるために動く、ということを考えているのですが、そう上手くいくものだろうかと不安です。

急性腸炎後の便秘を解消

急性腸炎を発症した後ですが、お腹の痛みは治まらず、二週間くらいしてもなおチクチクとした痛みが続いていました。医師に相談した上で、食事はじょじょに普通食に近付けていったのですが、今度は強烈な便秘に悩まされました。一週間近く便が出ないときには、排便の焦りで精神衛生上あまり良くない状態が続くことに。

便秘を解消するために、まず行ったのは「豆乳を飲むこと」からでした。もともと、豆乳は毎日の習慣として飲んでいましたが、腸炎を患い激しい下痢を発症してからは、食物繊維を含む食べ物は控えたほうが良いと思い躊躇していました。しかし、排便して便秘を解消することで、腸内環境を整える時期がきたと思い、再び豆乳を飲みはじめることにしたのです。

飲み方としては、豆乳を飲むときに「ゆっくりと噛んで飲む」こと。これは、普段から豆乳を飲むときにも実践していることです。噛むことが、腸にも良い作用を及ぼします。豆乳は、食物繊維も豊富ですし、当時処方されていた整腸剤(ラックビー)との相性も良いだろうと信じて、毎日飲み続けました。

もう一つは、「納豆キムチのオリーブオイルかけ」を食べること。何のこっちゃ、と思うような料理ですが、従来の納豆にキムチを加えて混ぜ、仕上げにオリーブオイルをかけて食べるというものです。お好みで、塩やこしょうを少し加えても良いと思います。僕は仕上げにパセリをふりかけていました。

僕はひきわり納豆が好きなので、ひきわり納豆をベースにキムチを混ぜてオリーブオイルをかけていました。味に関しては、普段から納豆を食べている人には何の抵抗もないとは思いますが、においが結構キツイです。ただでさえにおいのキツイ納豆に加えて、同じく発酵食品であるキムチを加えるわけですからね……。ですので、においの強い食べ物が苦手な方は、控えたほうが良いかもしれません。

食べ方としては、そのまま食べても良いのですが、冷奴などの上にかけて食べるのも美味しかったですね。お腹が張って食欲が出ないときには、「とろけるケンちゃん」を買ってきて、パックから取り出した豆腐に、そのまま納豆キムチをかけて食べていました。

豆乳と納豆キムチのおかげなのか、食べはじめて数日後には便意も甦ってきました。硬いコロコロとした豆粒のような便からはじまり、やがて水分を含んだ便が排便され、今は普通の便の形に近付いています。色はまだ黒に近いため、腸内環境が良いとは言えませんが、きちんと水分を含んだ便が出るようになってきたので、便秘解消に向けた効果がでてきていると思います。

※あくまで僕個人の体験に基づいた感想ですので、「このブログを読んで豆乳飲んだけど、便秘は解消されなかった」などという批判は受け付けできかねます。便秘対策や食べ物との相性については人それぞれですので、便秘でお困りの方は、いろんな方法を試して自分に合った方法を取り入れてみてください。

今後について

これからの生活についてですが、前述のとおり先行きの目処が立たない状態です。仕事をしようにもなかなか採用されず、当面の収入のアテもないため、どうすべきか悩んでいるところです。短期の工場派遣の面接も不採用でした。

親元を頼ろうにも、実家では母親一人が年金生活を送っているため、頼ることは厳しいです。かといって、アパートを引き払って実家へ帰ろうにも、撤去費用と引っ越しの資金がないという状態。

ただただ一日が過ぎていくのを待つだけになってしまっているのが、自分でももどかしいと感じています。体調自体は、自律神経が弱っているのか、軽いめまいが起こったり、胸のあたりがざわざわと不安定な気持ちになったり、音や揺れに敏感になっていたりしますが、一時期に比べて良くなってはきています。引き続き、仕事探しや公的生活支援の情報など、自分に必要な情報を集めていきたいと思います。

急性腸炎から約二週間経ちました

腸炎の完治度合いとして、大体二週間くらいかな、と思っていましたが、不快な症状は無くならず、今でもお腹がチクチク痛いです。右下腹部、左下腹部とチクチク痛み、これがストレスになっています。

また、ひどい便秘になってしまったようで、硬いコロコロとした豆粒のような便しか出なくなってしまいました。便意はあるのですが、なかなか便が出てこない状態で、トイレにこもっても出てこない状態が続いています。

ほぼ普通食に近いものを食べているのですが、便が出ないとさすがに食も細くなり、食欲も無くなってしまい、今日は一日ほとんど何も食べない状態でした。このままでは精神衛生上あまり良くないので、思い切って大腸内視鏡検査を受けてみようかとも考えています……。

正直、腸の病気のことばかりを検索してしまっていて、検索するたびに怖くなってしまい、委縮し、それが精神的にかなり悪影響を与えているようです。そのせいで、大腸が過敏になってしまっているのでしょうか。

正直、かなり怖いです。早く元通りの体になってほしいです。

急性腸炎にかかりました

f:id:masayan1979:20150618215954j:plain

photo by pakutaso.com

二日前から急性腸炎にかかって、自宅で療養しています。

初日の火曜日のこと。先週もなかなか仕事へ行けなくて、今週からはきちんと仕事へ行こうと気持ちを一新させて出勤したのですが、午前中に強烈な腹痛と下痢、冷や汗と貧血状態で倒れこんでしまい、そのまま早退することに。
午後から病院で診察してもらい、ビオフェルミンを処方されましたが、今度は血便が出るようになってしまい、結局今日までお休みしてしまいました。なお、血便については、大量ではなく、少量が便にまとわりついているような感じです。怖くなって、診察してもらった病院に電話で聞いてみたら、腸炎で血便が出るのはよくあることなので、このまま様子を見てみてください、とのことでした。
 
二日目は腹痛もある程度治まり、強烈な便意もなくなりましたが、チクチクとした痛みは残っていて不快感は続きました。三日目の今日も、お腹はぐるぐる鳴りますし、張った感じがします。便は出ていません。医師からは絶食を指示されているので、固形物を摂っていないからなのかもしれません。
 
結局、今週もまた仕事へ行けない日々が続いています。自分が情けないです。いつになったら、心身ともに健康になるんだろう。不安と焦りばかりが募ります。